3月8日 「負けたくない・・」熱い思い

先日 老人福祉施設の研修会に行きました。
30歳のイケメンリーダーを中心に、優しさにあふれたメンバー11人のアットホームな研修でした。和気藹藹の雰囲気の中、リーダーが「私は、何処の施設にも負けたくない!と思って仕事をしています。皆さんはどのような思いで仕事をしていますか? ただお金をもらうために時間と労働力を提供しているだけですか?」・・・・とスタッフに尋ねました。一瞬 し〜ん・・として、
最初に発言したのは、私が敬愛する人生の先輩とも呼べるスタッフ。「私は年だから仕事に対する意欲は若い人ほど強くはありませんが、それでも自分がかかわっている職場でお年寄りの心に届く良いサービスを提供できるように心掛けたいと思っています」と話してくれました。 それに続いて言葉の選び方は違いますが、皆さんから「負けたくない・・・・」という言葉が飛び出し・・・・、私には、この「負けたくない」という短い言葉の中に彼等が目指す質の良いサービスへの熱い思いが感じられてとてもうれしく、またスタッフ自身も気づいていないみんなの絆を感じてしまいました。1日に1回しか食事をしない、部屋にテレビはない、ガリガリのひ弱なイケメンリーダーが、少し頼もしく思えた研修会でした。


H24年2月7日 美祢市商工会「接客セミナー」

2月7日 美祢市商工会主催の接客対応セミナーが開催され、山口新聞に掲載されました。
img082.pdf


H20.4.1 新入社員研修スタート

春4月。山口市では瑠璃光寺五重塔、一の坂川の桜がほころんでいます。
新入社員研修をしていると、自分まで初心に戻ります。
さかのぼることウン年前、
「わからない」「居場所がない」「できない」
そういう状況と毎日向かい合う不安、辛さ。


続きを読む

H20.3.21   クレームは、「防ぐ」ことから  

福祉関係のみなさんが集り「クレーム対応」について熱心に聴いてくださいました。
ここ最近、福祉関係だけでなく、クレーム対応について研修依頼が増えています。

「一生懸命仕事をしていたのに」「相手のことを考えてしたことなのに」

クレームを受けたときに、この気持ちが沸いてくるとそれが表情に出てしまいます。
それを見た相手の怒りはますますエスカレート。
そんな経験はありませんか?


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。